IMG_1521

このところ、いろいろな料理の隠し味としてウイスキーを考えている。以前、【検証】カレーを極上にする意外な隠し味とは? でウイスキーをカレーの隠し味として試したところ、その旨みの凄さに圧倒された。あれ以来、いろいろな料理を作るたびにウイスキーのことが頭に浮かぶ。

日本酒、ワインなどは料理を引き立たせる調味料として確固たる地位を築いている。ビール、焼酎なども煮込み料理などによく使われる。しかし、ウイスキーはなぜかあまり料理に使われない。

なぜだろう?旨みの癖が強すぎて敬遠されるのか?それとも、酒として孤高の存在感があるので、料理に用いるのは邪道とされるのか?それとも単なる食わず嫌いか?


ウイスキーの良さは、その複雑な味わいにあると思う。甘味、苦味、コク、芳醇さ、フルーティさ、渋み...
実に多様な味わいを兼ね備えている。これは他の酒と比較しても群を抜いている。料理に使えない訳がない。

個人的に、旨みとして、あめ色に炒めた玉ねぎにどこか似ていると思う。それでカレーの隠し味に使えると直感で感じた。

加熱した玉ねぎを旨みの軸とする料理は実に沢山ある。牛丼、親子丼、ハンバーグ、シチュー、肉じゃが、クリームコロッケ、ミートソースなどなど、数えればきりがない。思うに、これらの料理の隠し味としてウイスキーはものすごく効果があるのではないか?

そう思って、今晩試しにホワイトシチューに加えてみた。その結果は...驚きだぜ!後日レシピで紹介します。


学生の頃、ジムビームなんかの安いバーボンばかり飲んでいた。あれはあれの良さがあってとても美味しい。しかし、ウイスキーの本当の美味しさに目覚めたのはごく最近。そう、NHKの朝ドラ、「マッサン」の影響である!すぐに影響を受けやすい性格である(笑)でもそれが功を奏した。

日本のニッカウヰスキーを飲みまくったが、その味の深さに驚いた。安価なものでも、もの凄く丁寧に、情熱的に作られているのが分かる。本当にいい酒だ。スコッチのシングルモルトも飲んでみたが、驚くほどに美味しい。凄い酒だ、ウイスキーは。

そんなこんなで、今宵もジャズを聴きながらウイスキーを飲んでこのブログを書いている。やっぱりジャズはウイスキーが合う。初期のジャズは焼酎が合うんだけど(笑)、モダンジャズにはウイスキーだね、抜群に。マイルスデイビスが深い夜によく沁みる。


今宵のひとりごと。




スポンサーリンク

スポンサーリンク