こんにちは。 

今回検証する料理は「ボンゴレ・ロッソ」です。

さまざまな情報をもとに調べ上げた、ボンゴレ・ロッソを美味しくする3つのコツとは、



① ニンニクがきつね色になるまでしっかりと炒める

② 隠し味に味噌を加える

③ オリーブオイルとゆで汁を、泡立て器で混ぜ合わせる



《理 由》
......................................................
① ニンニクがきつね色になるまでしっかりと炒める

ニンニクを弱火できつね色になるまでしっかりと炒めることで、ニンニクの旨みを十分に引き出し、オリーブオイルにも旨みがしっかりと移る。


.......................................................
② 隠し味に味噌を加える 

ボンゴレ・ロッソではトマトを使うが、トマトは味噌と非常に相性がよく、隠し味に少し加えることでトマトの旨みがとても引き立つ。


.......................................................
③ オリーブオイルとゆで汁を、泡立て器で混ぜ合わせる

油と水分が混ざり合うことを乳化という。ドレッシングの瓶をよく振ると油と水分が混ざる状態のこと。オリーブオイルと、トマト、あさり、スパゲッティのゆで汁の水分を泡立て器でしっかりと混ぜることで、十分に乳化させて、美味しいソースができる。

プロの料理人はフライパンを素早く振って乳化させるが、素人でも泡立て器で混ぜることで驚くほど美味しくできる。



それでは、3つのコツでボンゴレ・ロッソを作ってみましょう!



《材 料》

スパゲッティ 100g
あさり    適宜
ホールトマト 100g
ニンニク   1斤
赤唐辛子   適宜
オリーブオイル  適宜
白ワイン   大さじ1
味噌     少々
乾燥パセリ  適宜


《作り方》

1.スパゲッティを2リットルのお湯に塩大さじ1を加えてゆでる。
ボンゴレ・ロッソの調理その1


2.フライパンにオリーブオイルを入れて、ニンニクのみじん切り、刻んだ赤唐辛子を加えて弱火にかける。ニンニクがきつね色になるまでじっくりと炒める。
ボンゴレ・ロッソの調理その2


3.あさりと白ワインを加えて蓋をして蒸し焼きにする。
ボンゴレ・ロッソの調理その3


4.あさりが開いたらフライパンから取り出す。
ボンゴレ・ロッソの調理その4


5.つぶしたホールトマト、味噌、スパゲッティのゆで汁を少々加えて火を強め、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせる。
ボンゴレ・ロッソの調理その5


6.ゆで時間一分前のスパゲッティを加えて、よく混ぜ合わせる。
ボンゴレ・ロッソの調理その6


7.スパゲッティを皿に盛り付け、あさりをのせてできあがり。

さて、出来のほどは!?


ボンゴレ・ロッソの調理完成

あさりとトマトの風味が絶品!これはたまらない!



3つのコツが完全にうまくハマって、ものすごく美味しいです。トマトソースはあさりの旨みと隠し味の味噌のおかげでとてもジューシーになり、スパゲッティに十分に絡んでいます。

この華やかでいつまでも食べ続けたくなるような美味しさは、たまらない!

ボンゴレ・ビアンコもシンプルで大好きですが、ボンゴレ・ロッソは本当に美味しい料理だと思います。


◎まとめ

ボンゴレ・ロッソを美味しく作るコツは、

① ニンニクがきつね色になるまでしっかりと炒める

② 隠し味に味噌を加える

③ オリーブオイルとゆで汁、を泡立て器で混ぜ合わせる 






スポンサーリンク

スポンサーリンク