こんにちは、マイルス・スマイルです。今回はサバの水煮缶を使った美味しい料理を紹介します。それは、

サバチャーハン。


このチャーハンは鯖の旨みがとても強く出るので、味付けは塩、コショウだけで十分です。梅肉と大葉を使い、さっぱりとした味に仕上げます。


それでは、レシピです。基本的なチャーハンの作り方を踏まえて紹介します。



《材 料》  1人分

鯖の水煮缶 1/2
冷やごはん 1人分
卵  1個
梅干 1つ
大葉 2枚
長ねぎ 適宜
醤油 少々
ごま油 少々



《作り方》

1.冷やご飯は電子レンジで温めてよくほぐす。卵を溶いておく。
チャーハンのレシピ、その1


2.サバの水煮はよくほぐして、醤油をさっとかけて混ぜる。
チャーハンのレシピ、その2


3.長ねぎ、生姜、大葉はみじん切りに。梅干は種を取り除いて刻む。
チャーハンのレシピ、その3


4.フライパンに多目の油を熱して、生姜をさっと炒めて香りを出す。
IMG_2309


5.溶き卵を加えたら、すかさずご飯を投入。
チャーハンのレシピ、その5


6.卵の液をご飯一粒一粒にまとわせるようにして炒めていく。
チャーハンのレシピ、その6


7.ご飯がパラパラになったら、具材を加えてさっと炒め、塩・こしょうで味付けをする。
チャーハンのレシピ、その7


8.仕上げに鍋肌から醤油を回し入れて香りを出し、ごま油を加えてさっと炒める。
IMG_2314


さて、完成です。出来のほどは!?

チャーハンのレシピ、完成

非常に旨みが強いチャーハンです!


サバの旨みがご飯一粒一粒にしっかりと絡んで非常に美味しい。梅肉と大葉がさっぱりとして、とてもいい風味をかもし出している。

基本に忠実に作ったチャーハンは、パラパラに仕上がりスプーンが止まらない!


サバ缶ではなく、ツナ缶でも似たようなチャーハンが作れますが、旨みの強さではサバに軍配が上がります。

チャーハンの火加減は、決して強火でなくても上手くいきます。中火くらいでも、冷蔵庫で冷やして水分を飛ばしたご飯にしっかりと卵液を絡めて気長に炒めると、パラパラの状態に仕上がります。


これはお勧め。ぜひお試しを!
     



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●フェイスブックページで「いいね」を押していただけると、ブログの更新情報が届きます。




●ツイッター、ラインでも更新情報が届きます。









スポンサーリンク