こんにちは、マイルス・スマイル(@ryouri_kotukotu)です。

今回検証する料理は「ニラのチヂミ

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しいニラのチヂミを作る3つのコツとは、



① タレは冷蔵庫で寝かせる。

② 小麦粉と片栗粉を合わせて使う。

③ 多目の油でカリッと焼く。




《理 由》
.......................................................
① タレは冷蔵庫で寝かせる。

醤油ダレは作ってから時間が経つほど味がなじんで美味しくなる。冷蔵庫で1日ほど寝かせるといい。


........................................................
② 小麦粉と片栗粉を合わせて使う。

片栗粉を生地に使うとカリッとした焼き具合になる。中はもっちり、外はカリカリのチヂミを作るには、小麦粉と片栗粉を1:1で合わせるといい。 


........................................................
③ 多目の油でカリッと焼く。

多目の油で焼くことにより、表面がカリカリの美味しいチヂミができる。



それでは、3つのコツでニラのチヂミを作ってみましょう!




《材 料》 2枚分

ニラ 1/2束
青ねぎ 3本
干しえび 適宜
酒 大さじ1
小麦粉 50g
片栗粉 50g
水 150cc
卵 1個
塩 ひとつまみ
鶏がらスープの素 適宜
●醤油 大さじ2
●砂糖 小さじ1/2
●酢 小さじ1
●青ねぎ みじん切り 適宜
●ニンニク すりおろし 少々
●白ごま 適宜
●ラー油 適宜
ごま油 小さじ1


《作り方》

1.●(醤油、砂糖、酢、青ねぎ、ニンニク、白ごま、ラー油)を合わせてタレを作り、冷蔵庫で1日寝かせる。
IMG_3601


2.干しえびを酒に浸して戻す。
IMG_3602


3.ニラと青ねぎを3cmほどの幅に刻む。白い根の部分は細く刻む。
IMG_3605


4.小麦粉、片栗粉、卵、水、塩、ぬるま湯で溶いた鶏がらスープの素を加えて、泡だて器でしっかりと混ぜ合わせ、ニラ、ネギ、干しえびを混ぜ合わせる。
IMG_3606


5.フライパンに大さじ2の油を熱して1枚目を焼く。
IMG_3607


6.裏返したら何度かヘラで押し付けて、薄く焼く。
IMG_3608


7.ある程度焼けたら、ごま油小さじ1を加えて少し火を強めて、表面をカリッと焼く。何度か裏返して両面をしっかりと焼く。
IMG_3609


焼けたら切り分けて皿に盛り付ける。

さて、お味のほどは!?

IMG_3623

表面はカリッと、中はモチモチ、旨い!

カリッと焼けたチヂミにタレをたっぷり絡めて食べるとたまらなく美味しい。

一枚ペロッと食べてしまう。これはお酒が進みます!

作り方も簡単だし、材料費もさほどかからない。実にいい料理ですね。

表面をカリッと焼くのは日本のチヂミの特徴で、本場の韓国ではモチっとした焼き加減にするそうです。

生地を厚くしてモチっと焼くチヂミも作ってみましたが、そちらもまた美味しかったです。



◎まとめ

美味しいニラのチヂミを作る3つのコツは、

① タレは冷蔵庫で寝かせる。

② 小麦粉と片栗粉を合わせて使う。

③ 多目の油でカリッと焼く。

     




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●こちらで登録していただけると、ブログの更新情報が届きます。











☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

●ベストセラーのキッチン用品






スポンサーリンク