こんにちは。

今回検証する料理は、北海道のご当地料理「
鮭のちゃんちゃん焼き」です。

鮭と沢山の野菜を味噌だれで食べる、非常に美味しい鉄板料理です。


さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しい鮭のちゃんちゃん焼きを作る4つのコツとは、



① 味噌だれには2種類の味噌を使う

② 味噌だれの隠し味にトマトジュースを使う 

③ 鮭は小麦粉をまぶして焼く

④ 沢山の野菜を蒸し焼きにする




《理 由》
......................................................
① 味噌だれには2種類の味噌を使う

味噌だれにタイプ違う2種類の味噌を使うことで、味にぐっと深みが出る。赤系、白系を合わせるといい。


.....................................................
② 味噌だれの隠し味にトマトジュースを使う 

トマトと味噌はとても相性がよく、味噌だれの隠し味にトマトジュースを使うことで旨みの相乗効果を起こし、強い旨みの味噌だれになる。


......................................................
③ 鮭は小麦粉をまぶして焼く

鮭に小麦粉をまぶして焼くことで旨みを閉じ込めることができる。さらにタレがとても絡みやすくなる。


..................................................... 
④ 沢山の野菜を蒸し焼きにする

野菜は蒸し焼きにすると嵩が減るので沢山使うといい。特にキャベツはしんなりとして小さくなる。野菜から出た水分は味噌だれと混ざり合い、とても美味しくなる。




それでは、4つのコツで鮭のちゃんちゃん焼きを作ってみましょう!



《材 料》 2人分

生鮭     2切れ
キャベツ   1/4玉
玉ねぎ    中1/2
人参     中1/2
しめじ    1/2パック
小麦粉    適宜
塩、こしょう 適宜
●味噌 赤系  大さじ1
    白系  大さじ1
●みりん    大さじ2
●酒      大さじ2
●はちみつ   小さじ1
●豆板醤    少々
●おろしニンニク 少々
●おろし生姜    少々
●トマトジュース 大さじ1
バター     10g



《作り方》

1.味噌ダレを作る。2種類の味噌、みりん、酒、はちみつ、豆板醤、おろしニンニク・生姜を混ぜ合わせる。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その1


2.トマトジュースを加えて混ぜ合わせる。これで味がぐっと深くなる。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その2


3.鮭にさっと塩をふり、10分おく。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その3
 

4.玉ねぎはくし形切り、人参は細めの短冊切り、しめじは石づきを切り落としてほぐし、キャベツはざく切りにする。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その4


5.鮭は水気をふき取り、こしょうをふりかけ、小麦粉を薄くまぶす。熱したフライパンに油を敷いて、鮭を焼き、玉ねぎと人参をフライパンの開いた場所でさっと炒める。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その5

 
6.鮭に焼き色が付いたら裏返して、キャベツ、シメジをのせて、味噌ダレをかけまわす。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その6
 

7.蓋をして弱めの中火で蒸し焼きにする。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その7
 

8.キャベツがしんなりしたら蓋を外して、バターを加えてタレと野菜とよく混ぜ合わせる。
鮭のチャンちゃん焼きのレシピ、その8


さて出来上がりました。

お味のほどは!?


鮭のちゃんちゃん焼きのレシピ、その9

味噌だれに野菜の旨みが染みこんでめちゃくちゃ旨い!


味噌、バター、野菜の旨み、全てが混ざり合い、鮭に絡めて食べると抜群に美味しい!

2種類の味噌と、隠し味のトマトジュースがよく利いています!

これはご飯が進む。がつがつ、もりもり、夢中で食べてしまう。

ちゃんちゃん焼き、本当に美味しい料理です。大勢で野外で鉄板焼きにしたら最高でしょうね!



◎まとめ

美味しい鮭のちゃんちゃん焼きを作る4つのコツとは、

① 味噌だれには2種類の味噌を使う

② 味噌だれの隠し味にトマトジュースを使う

③ 鮭は小麦粉をまぶして焼く

④ 沢山の野菜を蒸し焼きにする

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク