こんにちは。

今回検証する料理は、青森県のご当地料理でB-1グランプリにも輝いた「
十和田バラ焼き」です。

下味を付けた牛バラ肉と玉ねぎを炒めた、シンプルながらとても美味しい料理です。

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、十和田バラ焼きを美味しく作る3つのコツとは、



① タレにすりおろしたリンゴを使う

② 甘みに蜂蜜とみりんを使う

③ 先に玉ねぎだけをじっくりと炒める




《理 由》
......................................................
① タレにすりおろしたリンゴを使う

タレにすりおろしたリンゴを使って肉を漬けることにより、「リンゴ酸」という成分が肉を柔らかくして、とてもジューシーになる。

......................................................
② 甘みに蜂蜜とみりんを使う

甘みに蜂蜜とみりんを使い、そして更にリンゴの甘みも加わることで、非常に豊かな甘みで旨みの強いタレが出来る。


.........................................................
③ 先に玉ねぎだけをじっくりと炒める
 
牛肉を炒める前に、玉ねぎを弱めの火加減でじっくりと炒めることにより、玉ねぎの甘み、旨みを十分に引き出し、牛肉の味を引き立てるようにする。




それでは、3つのコツで十和田バラ焼きを作ってみましょう!



《材 料》 2人分

牛バラ肉   200g
玉ねぎ    1個
●醤油     大さじ3
●りんご    すりおろし1/4個
●みりん    大さじ1
●酒      大さじ1
●蜂蜜     小さじ1
●コチュジャン 小さじ1
●ニンニク   すりおろし ひとかけ
●生姜     すりおろし ひとかけ



《作り方》

1.●の材料を合わせてタレを作る。
十和田バラ焼きのレシピ、その1


2.タレに牛肉をよくもみ込んで、冷蔵庫で1時間ほど漬ける。
十和田バラ焼きのレシピ、その2


3. 熱したフライパンに油を敷いて、くし形切りにした玉ねぎを弱めの火加減でじっくりと炒める。10分ほど炒めるときつね色になって、旨みが出る。
十和田バラ焼きのレシピ、その3


4.牛肉をタレごと加えて炒め合わせる。
十和田バラ焼きのレシピ、その4


さて、出来上がりました。

お味のほどは!?

十和田バラ焼きのレシピ、その5

これは激ウマ!さすがはグランプリ!!


非常にシンプルながら、独特の美味しさがある料理です。

リンゴが非常に効果的で、牛肉が柔らかくジューシーに仕上がっています。

さまざまな材料を使ったタレの旨みが牛肉に絡み、じっくり炒めた玉ねぎと混ざり合い、抜群にパンチが効いています。


これはご飯が進む!ちょっと中毒性のある味。ハマる!週一位で食べたい美味しさ!

十和田市は私の住む岩手県からは近距離なので、ぜひ本場の十和田バラ焼きを味わってみたいです。

B-1グランプリの料理は以前にも八戸せんべい汁を作りましたが、個性的で非常に美味しいです。B-1グランプリはこれからも要注意ですね。



◎まとめ

十和田バラ焼きを美味しく作る3つのコツは、

① タレにすりおろしたリンゴを使う

② 甘みに蜂蜜とみりんを使う

③ 先に玉ねぎだけをじっくりと炒める





スポンサーリンク

スポンサーリンク