こんにちは、マイルス・スマイル(@ryouri_kotukotu)です。

今回検証する料理は「カルビクッパ 

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しいカルビクッパを作る3つのコツとは、     



① 辛味にコチュジャンとラー油を使う。

② 下味を付けた牛肉を炒めてから煮込む。

③ スープのあくをしっかりと取る。


      
《理 由》     
.....................................................      
① 辛味にコチュジャンとラー油を使う。

本場韓国のクッパは辛味に粉唐辛子を使うが、日本では粉唐辛子はあまりポピュラーではなく手に入りにくい。

しかし、コチュジャンとラー油を使うことで、十分深い辛味のスープを作ることが出来る。


.......................................................     
② 下味を付けた牛肉を炒めてから煮込む。

牛カルビに下味を付けて炒めてから水を加えて煮込むことにより、コクのあるスープが作れる。


........................................................      
③ スープのあくをしっかりと取る 

牛カルビは煮込んでいるとあくが多く出てくる。あくを取らないとスープが濁って味に雑身が出てしまうので、しっかりと取ること。



それでは、3つのコツでカルビクッパを作ってみましょう!     




《材 料》 1人分     

牛カルビ薄切り 80g
●醤油 小さじ1
●コチュジャン 小さじ1/2
●酒 小さじ1
●おろしニンニク 少々
●おろし生姜 少々
豆もやし 1/4袋
ニラ 適宜
○水 300cc
○コチュジャン 小さじ1
○酒 大さじ1
○みりん 小さじ1
○鶏がらスープの素 適宜
○ラー油 適宜



《作り方》     

1.●の醤油、コチュジャン、酒、ニンニク、生姜を合わせて牛肉をよくも見込み、10分置く。
カルビクッパのレシピ、その1



2.豆もやしはひげ根を取り除いておくと食感がぐっとよくなる。
カルビクッパのレシピ、その2


3.熱したフライパンに油を引いて、下味を付けた牛肉を炒める。
カルビクッパのレシピ、その3



4.牛肉に火が通ったら○の水、コチュジャン、酒、鶏がらスープの素を加えて、煮立たせたら火を弱めてあくをとりながら3分ほど煮込む。
カルビクッパのレシピ、その4


5.豆もやしを加えて1分、次にニラを加えて30秒ほど煮る。この時もしっかりとあくを取る。
仕上げにラー油と塩で味を整える。
カルビクッパのレシピ、その5


器にご飯をよそい、盛り付けて出来上がり。

さて、お味のほどは!?

カルビクッパのレシピ、その6

辛味と旨みが深く、とてもいい味のカルビクッパです。


スープに牛カルビの旨みがよく出ていて、簡単な手順とは思えないほど深いスープです。

しっかりとアクを取ってあるので味に雑実が無く、食べ進めても飽きがきません。

キムチを加えると美味しいですが、今回はシンプルにスープの味を味わいたかったのでこれで十分!

牛肉は、切り落とし肉よりもカルビを使うのがいいですね。とてもいい出汁が出ます。

調理時間も15分くらいしかかからず、手軽で美味しいのも嬉しいところです!





◎まとめ     

美味しいカルビクッパを作る3つのコツは、     

① 辛味にコチュジャンとラー油を使う。

② 下味を付けた牛肉を炒めてから煮込む。

③ スープのあくをしっかりと取る。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


●こちらで登録していただけると、ブログの更新情報が届きます。











スポンサーリンク