こんにちは、マイルス・スマイル(@ryouri_kotukotu)です。      

今回検証する料理は「水キムチ」。漬け込んだ野菜を、乳酸発酵した漬け汁ごといただく料理で、健康維持にも大変良いようです。

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しい水キムチを作る3つのコツとは、     



① 漬け汁に米のとぎ汁、又は片栗粉を加える。

② りんごなどの果物を加える。

③ 冷蔵庫で3日間熟成させる。



      
《理 由》     
.....................................................      
① 漬け汁に米のとぎ汁、又は片栗粉を加える。

乳酸菌は糖質を分解して栄養分にしながら増殖する。漬け汁に米のとぎ汁を使うか、水に片栗粉を溶かして使うことで、炭水化物の糖質が乳酸菌のエサになる。


.......................................................     
② りんごなどの果物を加える。

果物に含まれる糖質も乳酸菌のエサとなる。また、果物を加えると果汁が漬け汁に溶け込み、とても風味がよくなる。


........................................................      
③ 冷蔵庫で3日間熟成させる。

冷蔵庫で熟成させて、3日目から食べごろになる。時間が経つほど乳酸菌が増えて旨みが強くなっていく。冷蔵庫で保管して1週間はもつようです。



それでは、3つのコツで水キムチを作ってみましょう!     




《材 料》     

白菜 2枚
きゅうり 1本
大根 3cm
りんご 1/2個
ニンニク 1斤
しょうが 1斤
赤唐辛子 2本
片栗粉 小さじ1
塩 漬け汁用 小さじ1
   野菜用  小さじ1
砂糖 小さじ1
酢 大さじ2
酒 大さじ1



《作り方》     

1.今回は、米のとぎ汁ではなく片栗粉を使います。鍋に水1リットルと酒を加えて火にかける。沸騰したら塩、砂糖、片栗粉を加えてよく溶かし、火を止めて冷ましておく。
水キムチのレシピ、その1


2.大根をいちょう切り、きゅうりを薄切り、白菜は一口大に刻んで、塩小さじ1をふりかけてよくもみ込み、10分ほど置く。
水キムチのレシピ、その2


3.冷ました漬け汁に酢、種を取って輪切りにした赤唐辛子、千切りにしたニンニクとしょうが、刻んだりんごを加える。
水キムチのレシピ、その3


4.容器に移して、2の野菜を合わせて冷蔵庫で寝かせる。3日目からが食べごろ。
水キムチのレシピ、その4



3日が経ちました。

さて、お味のほどは!?

水キムチのレシピ、その5

さっぱりとして旨みが強い、まるで冷たい野菜スープ!


これは抜群に美味しいですね!熟成した野菜と漬け汁が一体となって旨みが強いです。

野菜はシャキシャキで、漬け汁は酸味と辛味が心地よく、スプーンで飲みながら食べると美味しいです。

食事の箸休めにもいいですが、これは立派なメイン料理にもなりえますね。

赤唐辛子は、本数を増やすと辛味が増すので、好みで調整するといいですね。赤唐辛子を全く加えずに、辛味のない水キムチもあるようです。

5日、6日と時間が経つにつれ、どんどん旨みが強くなっていきます。

この料理、食卓に欠かせなくなるかも!それほど美味しいです!




◎まとめ     

美味しい水キムチを作る3つのコツは、     

① 漬け汁に米のとぎ汁、又は片栗粉を加える。

② りんごなどの果物を加える。

③ 冷蔵庫で3日間熟成させる。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●こちらで登録していただけると、ブログの更新情報が届きます。











スポンサーリンク