こんにちは、マイルス・スマイル(@ryouri_kotukotu)です。  

今回検証する料理は「中華飯

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しい中華飯を作る3つのコツとは、   



① スープは温めておく

② 肉と野菜は弱火で炒める

③ 水溶き片栗粉を加えたら火を強めて煮立たせる
 


    
《理 由》   
.....................................................    
① スープは温めておく

あんを作るスープは、あらかじめ温めておくことで、具材に火が通り過ぎるのを防ぎ、シャキッとした状態にすることができる。



.......................................................   
② 肉と野菜は弱火で炒める

炒めものは、一般的には強火で一気に炒めるのが常識だが、実は家庭用のコンロの火力では、強火で炒めると、野菜から水分が出てしまい、べチャッとした炒め物になってしまう。

弱火でゆっくり炒めると、水分が抜けることが無く、甘みも増して、非常に美味しい炒め物ができる。

これは、フレンチシェフの水島弘史さんが進める、科学的にも理にかなった調理法です。




........................................................    
③ 水溶き片栗粉を加えたら火を強めて煮立たせる   

あんのとろみを付けるコツは、火を弱めてから水溶き片栗粉を加えてよく混ぜ合わせ、その後に火を強めて煮立たせる。こうすることで、とろみをしっかりと定着させることができる。



それでは、3つのコツで中華飯を作ってみましょう!   




《材 料》 1人分   


豚こま切れ肉 80g
●塩 少々
●酒 小さじ1
●片栗粉 少々
●おろし生姜 少々
人参 適宜
青梗菜 適宜
ニンニク 1斤
干しきくらげ 適宜
ウズラ卵の水煮 3個
○水 1カップ
○鶏がらスープの素 適宜
○オイスターソース 小さじ1
○酒 大さじ1
片栗粉 小さじ2
水 小さじ4
ごま油 少々 
ごはん 適量



《作り方》   

1.豚肉に●の塩、酒、片栗粉、おろし生姜をもみ込み、下味を付けておく。

中華半のレシピ、その1


2.鍋に○の水、鶏がらスープの素、オイスターソース、酒を加えて火にかけて煮立たせて、火を弱めて温めておく。

v2


3.ニンニクは芽を取り除いて薄切り、人参、青梗菜は薄く刻み、水で戻したきくらげを一口大きさに切り分ける。 
中華半のレシピ、その3


4.片栗粉小さじ2と水小さじ4を合わせておく。
中華半のレシピ、その4


5.フライパンを熱して油を引いて、豚肉、人参、ニンニクを炒める。次に青梗菜の茎の部分ときくらげを炒め、最後に青梗菜の葉の部分をさっと炒める。
中華半のレシピ、その5


6.温めておいたスープとウズラの卵を加え、塩・こしょうで味を整える。
中華半のレシピ、その6


7.水溶き片栗粉を回し入れ、よく混ぜ合わせる。
中華半のレシピ、その7


8.火を強めて煮立たせて、とろみを定着させる。仕上げにごま油を加える。
中華半のレシピ、その9


ごはんを皿に盛り付けて、あんをかけてできあがり。

さて、お味のほどは!?

中華半のレシピ、その10

野菜がシャキシャキで、あんが絡むと非常に美味しい!!


野菜の甘みが引き立って、食感もシャキシャキ。とても弱火だけで炒めたものとは思えない美味しさです。

この調理法は本当に効果がありますね。野菜の水分を閉じ込めて、美味しさを逃しません。

私は、これを知ってから、炒め物の腕がずいぶん上がったように思います。ただ弱火でゆっくりと炒めるだけなんですけど。

中華飯は、寒い季節には本当に美味しい料理です。
 
熱々のあんかけで、体も心もしっかりと温まりますね!




◎まとめ   

美味しい中華飯を作る3つのコツは、   

① スープは温めておく

② 肉と野菜は弱火で炒める

③ 水溶き片栗粉を加えたら火を強めて煮立たせる

     




【使用した調理器具・調味料】
光食品 オイスターソース(115g)[オイスターソース]
光食品 オイスターソース(115g)







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●こちらで登録していただけると、ブログの更新情報が届きます。












スポンサーリンク