bb25c2bf02dd83d746e3015ad7f8938f_s


こんにちは、マイルス・スマイル(@ryouri_kotukotu)です。


今回は、料理を始めるにあたって必要な、基本の調理器具、キッチン用品をご紹介します。

選考は以下の3つのポイントにこだわりました。


① コストパフォーマンスが高い。

② ネットで簡単に手に入る。

③ 利用者の評価が高い。



「料理を始めてみたいが、何をそろえていいのかわからない」

このような初心者の方など、参考にしていただけたら幸いです。


※すべての製品がAmazonへのリンクとなっています。




1.包丁



包丁は、三徳包丁が1本あれば十分です。これ1本でほぼ全ての調理をこなすことが出来ます。

貝印の製品は、リーズナブルで、非常に品質がいいです。





2.シャープナー


包丁の切れ味は、はじめのうちは砥石を使わずに、シャープナーでメンテナンスすると簡単です。

毎日さっと包丁をくぐらせるだけで、しっかりとした切れ味をキープできます。





3.まな板



まな板は、プラスチック製の抗菌まな板が使いやすいです。


漂白剤で殺菌することもできて管理がしやすいです。

料理に慣れてきたら、木製のまな板に買い換えてみるのもいいと思います。





4.フライパン



フライパンは、テフロン加工のものが使いやすいです。


こちらの北陸アルミのフライパンは、日本製で非常にしっかりとした作りになっており、長く使える製品です。

ホームセンターで安価で売られているものは品質が悪くて劣化しやすいので、結局、何度も買い換えることになります。





5.両手鍋

パール金属 両手鍋 22cm ガラス鍋蓋付 IH対応 3層底 シンプル・ウェア HW-7205




鍋は、ステンレス製のものが使いやすくて長持ちします。

22cmの両手鍋が1つあれば、カレー、シチュー、豚汁なのど煮込み料理も4人分は楽に作れます。

最初は安価なものでも十分ですが、何年かして料理に慣れてきたら、厚手の高価な鍋に買い換えるのがいいと思います。





6.片手鍋



両手鍋の他に、片手鍋が1つあると非常に便利です。

さっとお湯を沸かす、味噌汁、ラーメン、そばなどのスープを作ったりするのにも大活躍します。

一度使うと手放せなくなります。





7.ボール・ざる



ボールはステンレス製のものが軽くて使いやすいです。

ざるとセットで買うと、大きさが合うので、食材の水切りなどをするさいに使い勝手がいいです。






8.ミニボール



大きなボールのほかに、ミニボールがあると、ソース、ドレッシングなどを作るのに非常に便利です。

ガラス製のボールは、調理した副菜などをそのまま食卓に出すこともできて重宝します。





9.バット



バットは、食材の下味をつけたり、てんぷら、フライの衣をつけるのに使います。

ステンレス製のセットものもがあると非常に便利です。





10.おたま


 
おたまは、汁物、スープなどを作り、器に取り分けるの使います。

チャーハン、野菜炒めなどの炒め物を作るさいにも利用できます。





11.菜ばし



菜ばしは、炒め物、煮物、揚げ物など、食材を動かす、移動させるのに使います。

シリコン製のものが手入れがしやすくて便利です。





12.へら


 
へらは、ソースを焦がさないように煮詰めたり、スクランブルエッグを作ったりするのに使います。

シリコン製のものが手入れがしやすくて便利です。





13.トング



トングは、フライパンでソテーした肉、魚を裏返すときに、また、パスタを皿に盛り付けるときなどに使います。

使い慣れると手放せなくなる調理器具です。






14.ピーラー



ピーラーは、にんじん、じゃがいも、大根などの皮をむくのに使います。

貝印の製品は、本当に切れ味がいいです。





15.おろし器



おろし器は、大根おろしなど、野菜をすりおろすのに使います。

貝印の製品が、楽な力ですりおろせて非常に便利です。





16.キッチンバサミ



キッチンバサミは、食品の包装を開封するほか、食材を切り分けるのにも使います。

長ねぎなど、包丁を使わずにさっと切ることができて、非常に便利です。





17.計量カップ



計量カップは、料理に使う水、スープなどの分量を計るのに使います。





18.計量スプーン


計量スプーンは、調味料などの分量を計るのに使います。

大さじ、小さじ、少々の3つのタイプがセットになったものが便利です。





19.キッチンタイマー



キッチンタイマーは、煮込む、焼くなどの調理時間を計るのに使います。

初心者のころは、レシピの手順通りに料理を進めるために、用意しておくと非常に便利です。





20.クッキングスケール



クッキングスケールは、レシピ通りの食材の重さを計るのに必要です。





 

以上の20製品となります。

今は100円ショップなどでも安い製品を買うことができますが、安いもので済ませると、雑に扱ってしまう傾向があります。
 
コストパフォーマンスがよくて、しっかりとした製品をそろえると、がぜんやる気が上がってきます。

まずは形から入ってみるのも、料理上手への近道だと思います。





 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●こちらで登録していただけると、ブログの更新情報が届きます。












スポンサーリンク