こんにちは。マイルス・スマイルです。   

今回検証する料理は「名古屋風・手羽先のから揚げ」。   

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しい名古屋風・手羽先のから揚げを作る3つのコツとは、   



① 手羽先に小麦粉をまぶして、二度揚げする。

② タレに蜂蜜とニンニクを加える。


③ 揚げたら、すかさずタレに漬ける。
  


    
《理 由》   
.....................................................    
① 手羽先に小麦粉をまぶして、二度揚げする。

から揚げの衣は、片栗粉を使うもの、小麦粉を使うものに大きく分かれるが、名古屋風の手羽先は揚げてからタレに漬けるので、小麦粉を使った衣のほうが表面がさらっとした仕上がりになって相性がいい。

また、低温の油でじっくりと火を通し、高温の油でさっと揚げて二度揚げすることで、中はふんわりと、表面はカラっとした状態になる。


.....................................................   
② タレに蜂蜜とニンニクを加える。

醤油ダレに蜂蜜を加えることで、深い甘みとコクがでる。また、すりおろしたニンニクを加えることで、味にパンチがでる。


.......................................................   

③ 揚げたら、すかさずタレに漬ける。

料理において、食材に味がしみこむのは、料理が冷めるとき。揚げたての手羽先をタレに漬けることで、味がしっかりとなじむ。




それでは、3つのコツで名古屋風・手羽先のから揚げを作ってみましょう!   




《材 料》  2人分

鶏手羽先  8本   
小麦粉   適量
●醤油   50cc
●みりん  50cc
●酒    50cc
●水    50cc
●蜂蜜   小さじ1
●おろしニンニク 少々
●おろし生姜   少々
白ごま   適量
黒こしょう 適量




《作り方》   

1.●の材料を鍋に加えて火にかけて、沸騰してアルコールが飛んだら火を止めて冷ましておく。
名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その1


2.手羽先の表面に小麦粉をまぶす。
名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その2


3.160度の低温の油で5分ほど揚げる。4本づつ2回に分けて揚げるとムラなく揚がる。
名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その3


4.いったん揚げ台に取り上げておく。
名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その4


5.火を強めて油の温度を上げて、180度の油で2分ほど揚げる。
名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その5


6.揚がったら、すかさずタレに漬けて、すぐに取り出す。
名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その6


7.仕上げに白ごまと黒こしょうをふりかける。
名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その7




さて、できあがりました。

お味のほどはどうでしょう!?

名古屋風手羽先のから揚げのレシピ、その8

タレがしっかりとなじんで爆発的なうまさ!これはたまらない!!

カラっと揚がった手羽先に、パンチのあるタレが絡んでバツグンにおいしい!

これは最高、とまらなくなります。

手が少々汚れてしまうけれど、もうおかまいなし、夢中で食べてしまう。

おそるべし名古屋風手羽先!

タレの味のバランスがよくて、黒こしょうのおかげで後味もさっぱりとしています。

これはビールのおつまみの定番にも間違いなしですね!




◎まとめ   

美味しい名古屋風・手羽先のから揚げを作る3つのコツは、   

① 手羽先に小麦粉をまぶして、二度揚げする。

② タレに蜂蜜とニンニクを加える。


③ 揚げたら、すかさずタレに漬ける。






【使用した調理器具・調味料】

山田工業所 鉄打出し中華片手鍋(1.2mm) 30cm
山田工業所 鉄打出し中華片手鍋

海の精 国産有機生しぼり醤油 500ml【楽天24】【あす楽対応】★税抜1880円以上送料無料★[海の精 濃口醤油 醤油 しょうゆ]
海の精 国産有機生しぼり醤油 500ml






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●こちらで登録していただけると、ブログの更新情報が届きます。












スポンサーリンク