こんにちは。

今回検証する料理は「他人丼」です。

他人丼は、親子丼と同じ作り方で、具材を鶏肉ではなく豚肉に変えた料理です。

豚肉の力強さ、脂身の甘さが効いて、親子丼とは一味違った魅力があります。


さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しい他人丼を作る3つのコツとは、   



① 豚肉に下味をつけてから煮る

② 玉ねぎを先に煮る


③ 卵は2回にわけて加える
  

    
《理 由》   
.....................................................    
① 豚肉に下味をつけてから煮る

短時間でさっと煮て作る他人丼は、あらかじめ豚肉に下味をつけておくことで、味がよく染みこんで、パンチがある丼ものに仕上がる。


.....................................................   
② 玉ねぎを先に煮る

薄切りにした玉ねぎを先に煮ることで、甘みを十分に引き出す。


.......................................................   

③ 卵は2回にわけて加える

卵をほどよい半熟に仕上げるのは難しいが、2回に分けて加熱することで、家庭でも簡単に半熟の状態にすることができる。




それでは、3つのコツで他人丼を作ってみましょう!   




《材 料》 1人分

豚ロース薄切り 100g
玉ねぎ     40g
三つ葉     適量
卵       小2個
ご飯      適量
○醤油     小さじ1
○酒      小さじ1
水        1/3カップ
●醤油     大さじ1/2
●みりん    大さじ1
●和風だしの素 適量




《作り方》   

1.豚肉を切り分けて、○の醤油、酒をふりかけてもみ込み、15分ほどおく。
他人丼のレシピ、その1


2.親子丼用の鍋に水、薄切りにした玉ねぎを加えて火にかけ、中火で2分ほど煮る。
他人丼のレシピ、その2


3.卵を菜箸でさっと溶く。溶きすぎるとふわっとした感じに仕上がらないので、ざっくりと溶く。
他人丼のレシピ、その3


4.●の醤油、みりん、和風だしの素、豚肉を加えて煮る。
他人丼のレシピ、その4


5.豚肉に8割ほど火が通ったら、お玉で卵の半量を加える。鍋の中心から「のの字」を描くように加える。卵を加えたら鍋の取っ手をゆっくりまわしながらゆすり、だしと卵がよくなじむように1分ほど煮る。
他人丼のレシピ、その5


6.残りの卵を加えて10秒ほど加熱したら火を止め、ふたをしてさっと蒸らす。
他人丼のレシピ、その6


7.丼にご飯をよそい、卵とじを鍋から滑らせるようにしてのせる。三つ葉を添えてできあがり。

さて、お味のほどはどうでしょうか?

IMG_8294

卵は半熟でトロトロ。豚肉は味が染みこんで、たまらないおいしさ!!


だしを吸込んだ半熟の卵、味が染みこんだ豚肉が、ご飯と非常によく合います。

これはたまらない!

玉ねぎの甘みもよく出て、いいアクセントになっています。

僕は週に1度は親子丼食べるほど好きな人間なのですが、この他人丼も負けない魅力があります。

和風だしの素は、鰹のだしを使うと力強い味になり、昆布だしを使うとやさしい味になり、卵の風味が引き立ちます。

豚肉はロースを使いましたが、豚こまでも十分おいしいです。

親子丼用の鍋がなくても、小さめフライパンでも作ることができます。

材料もシンプル、作り方も簡単。ほんとうにいい料理ですね。



◎まとめ   

美味しい他人丼を作る3つのコツは、   

① 豚肉に下味をつけてから煮る

② 玉ねぎを先に煮る


③ 卵は2回にわけて加える





スポンサーリンク

スポンサーリンク