こんにちは、マイルス・スマイル(@ryouri_kotukotu)です。

今回検証する料理は「ゴーヤサラダ

さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに調べ上げた、美味しいゴーヤサラダを作る3つのコツとは、   



① ゴーヤは色が薄いものを選ぶ

② ゴーヤのわたは苦くないので、全部とり除かなくていい


③ 塩と砂糖で苦みをとる
  


    
《理 由》   
.....................................................    
① ゴーヤは色が薄いものを選ぶ

ゴーヤは色が濃いものほど苦みが強くなる。色が薄いものが苦みが少なく、サラダに向いている。


.....................................................   
② ゴーヤのわたは苦くないので、全部とり除かなくていい

一般的に、ゴーヤの苦みを取るには、わたをしっかりと取り除くと言われているが、実はゴーヤのわたは全く苦くない。神経質にきれいに取り除く必要はない。


.......................................................   

③ 塩と砂糖で苦みをとる

塩をまぶすとゴーヤの水分が抜けて、苦みの成分をとりのぞける。砂糖にも水分を抜く作用があり、甘みがある分、より苦みを抑えることができる。




それでは、3つのコツでゴーヤサラダを作ってみましょう!   




《材 料》 2人分

ゴーヤ   1/2本
塩     小さじ1/2
砂糖    小さじ1/2
トマト   適量
玉ねぎ   適量
じゃこ   適量
削り節   適量
ドレッシング 適量




《作り方》   

1.ゴーヤは苦みが少ない、緑色が薄いものを選ぶ。
ゴーヤサラダのレシピ、その1


2.ゴーヤを半分に切り分けて、スプーンで中のわたを取り除き、2ミリほどの厚さに刻む。わたに苦みはないので、少しくらい残っていてもかまわない。
ゴーヤサラダのレシピ、その2


3.ゴーヤに塩と砂糖をまぶしてよく混ぜ合わせ、10分ほどおく。
ゴーヤサラダのレシピ、その3


4.沸騰したお湯で、ゴーヤを30秒ほどさっとゆでる。
ゴーヤサラダのレシピ、その4


5.ゆでたゴーヤを流水でさっと洗う。
ゴーヤサラダのレシピ、その5


6.ざるでしっかりと水を切り、キッチンペーパーで水気をふきとる。
ゴーヤサラダのレシピ、その6


7.器ににゴーヤ、刻んで水にさらした玉ねぎ、トマトを盛り付けて、じゃこ、削り節、好みのドレッシングをかけていただきます。


さて、お味のほどはどうでしょうか?

ゴーヤサラダのレシピ、その7


苦みがない!さわやかで美味しいゴーヤサラダ!

これは美味しい!

しっかりとした下処理のおかげで、ゴーヤの苦みがよく抜けています。

ゴーヤは色が薄いものが苦みが少ないですね。

今まで、色が濃いものほど栄養が高いと思って選んでいましたが、サラダには向いていないですね。

ゴーヤは油で炒めることで、さらに苦みが取れます。

ゴーヤチャンプルーなどは色が濃いもの、サラダなどは色が薄いものと、料理によって使い分けるといいです。

ビタミンcが豊富で栄養満点なゴーヤ。

たくさん食べて暑い夏を乗り切りましょう!




◎まとめ   

美味しいゴーヤサラダを作る3つのコツは、   


① ゴーヤは色が薄いものを選ぶ

② ゴーヤのわたは苦くないので、全部とり除かなくていい


③ 塩と砂糖で苦みをとる

 




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●こちらで登録していただけると、ブログの更新情報が届きます。












スポンサーリンク